施設からのお知らせ

2024.04.01 2024年度久留米大学公開講座「小郡人物伝」(全3回)を開講します
 小郡市と久留米大学は、産業振興、保健福祉、教育、人材育成などの分野で連携することを目的として、令和2年7月20日に包括連携協定を締結しました。文化財課では令和3年度から連携事業として、企画展や公開講座を行っています。 その一環として、令和6年度も久留米大学公開講座を開講します。 今年度は小郡の偉人3人に焦点を当て、3回連続講座として受講者を募集します。時 間:13時30分~15時00分(受付:13時00分~)受講料:500円(全3回分)※初回受講時に徴収します定 員:40名(先着順)会 場:小郡市埋蔵文化財調査センター 研修室申込み:郵便・Fax・メールのいずれかで、    ①氏名(ふりがな)②年齢 ③郵便番号 ④住所 ⑤電話番号 を記入の上お申し込みください申込期間:4月18日(木)~5月17日(金)内 容:①6月1日(土)小郡市市長 加地良光 さん「小郡の偉人―古屋佐久左衛門と高松凌雲―」②6月15日(土)久留米大学文学部教授 吉田 洋一さん「久留米藩の医学と高松凌雲」③6月29日(土)久留米大学元非常勤講師・野田宇太郎文学資料館学芸員 髙木 恵さん「ふるさとを愛した詩人 野田宇太郎」
2024.01.20 第11回小郡ジュニア歴史博士の受賞者が決定しました!
郷土の未来を拓く!第11回小郡ジュニア歴史博士受賞者決定!小郡市の歴史や文化を調べることを通して、子ども達のふるさと小郡の誇りや愛着を育む「小郡ジュニア歴史博士」。11回目を迎えた今年度は491点の応募があり、大賞2点、優秀賞5点、佳作7点、奨励賞34点が決まりました。応募して下さった皆様、どうもありがとうございました。来年度のご応募もお待ちしております♪
2023.12.23 第8回後期「小郡ふるさと歴史検定【小・中学生編】」問題と解答を公開します!
令和5年12月23日(土)、第8回後期小郡ふるさと歴史検定を実施しました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。【小・中学生編】の問題ならびに解答を公開します。なお、本日会場でお配りした解答には誤りがありました。(問20が「②耳納山地」となっていますが「③耳納山地」の誤りです)次回、第9回小郡ふるさと歴史検定にも、ぜひチャレンジしてみてください。
2023.12.23 第8回後期「小郡ふるさと歴史検定【一般・オープン編】」問題と解答を公開します!
令和5年12月23日(土)、第8回後期小郡ふるさと歴史検定を実施しました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。【一般・オープン編】の問題ならびに解答を公開します。次回、第9回小郡ふるさと歴史検定にも、ぜひチャレンジしてみてください。
2023.04.01 令和4年度企画展「「大原道の記」と150年前の小郡」(英訳パンフレット)
 久留米藩のお抱え絵師であった三谷有信(みたに ありのぶ)は、明治6(1873)年、三潴県庁から地誌の編纂を命じられ、大保原合戦に関係する現在の久留米・小郡・大刀洗地域を歩き「大原道の記」を記しました。 今から約150年前の五泊六日の旅で三谷有信一行が見聞した小郡各地の史跡、伝承はどのようなものだったのでしょうか? 地域おこし協力隊の加藤マイケル孝仁さんは、多言語での市内文化財の紹介を行っています。 この度、令和4年度市制施行50周年記念久留米大学との包括連携協定企画展示「「大原道の記」と150年前の小郡」(令和4年4月29日~7月18日、埋蔵文化財調査センター展示室にて)のパンフレットを英訳しました。 その英訳パンフレットを公開します。ぜひご覧ください。
2017.03.22 『ふるさと小郡のあゆみ』のHP公開について
『ふるさと小郡のあゆみ』は、『小郡市史』の内容をもとに小郡の歴史や民俗などを、写真やイラストなどを豊富に使い、小・中学生にも分かりやすくまとめたものです。オールカラーで、市史より少し大きいB5サイズの230ページ。見やすいようにほとんどが見開き2ページで1項目となっています。各項目が『小郡市史』のどの部分に対応するか記載しています。より詳しい内容をお知りになりたい方は、『小郡市史』を併せてご覧ください。『ふるさと小郡のあゆみ』は、市立小学6年生に配付しており学校でも活用されています。また、平成28年から始まった「小郡ふるさと歴史検定」は『ふるさと小郡のあゆみ』から出題されています。販売価格 1,000円(税込)■ 販売場所 販売場所:小郡市埋蔵文化財調査センター 郵送の場合は別途送料がかかります。※在庫がなくなり次第販売は終了となります。 予告等はありませんのでご了承ください。■公開リンク下記のアドレスで『ふるさと小郡のあゆみ』PDF版をご覧いただけます。(アドレスをコピーしてご利用ください)https://www.city.ogori.fukuoka.jp/ogoriayumi/files/assets/basic-html/index.html#1 上記のPDFデータは「小郡市ホームページ」(ホーム>学ぶ・スポーツ・人権>文化財>『ふるさと小郡のあゆみ』のご案内) からでもご覧いただけます。 なお、無断転載・コピー等を禁じます。
2020.05.26 『小郡市歴史文化基本構想』を策定しました
古くから交通の要衝として栄えた小郡市は、文化遺産の宝庫です。これまで特に重要な文化財は、単体で指定・登録し、保護・継承してきました。しかし、これら文化財の周囲には、それを生み出す基盤となった文化など、さまざまな要素が存在しています。そこで今回、文化財を指定・未指定にかかわらず幅広く関連付けて捉え、「関連文化財群」や「歴史文化保存活用区域」の設定を行い、文化財を総合的かつ的確に保存・活用するための指針となる「小郡市歴史文化基本構想」を策定しました。この構想を、ふるさとの魅力あるまちづくりへとつなげることが目標です。*『小郡市歴史文化基本構想』は下記のページでご覧いただけます。 (小郡市公式ホームページ)https://www.city.ogori.fukuoka.jp/204/273/4678
2024年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2024年07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 :休館日

古代体験館おごおり[小郡市埋蔵文化財調査センター] 〒838-0106 福岡県小郡市三沢 5147-3 電話0942-75-7555
※このサイトで公開されている画像、文章の無断転載を禁じます。資料や画像につきましては、小郡市埋蔵文化財調査センターまでお問い合わせください。
Copyright ©  Ogori City Archaeological Research Center