資料館からのお知らせ

お知らせ一覧

04月 11

史跡めぐりハイキングのお知らせ

2018.04.11

史跡めぐり『合戦の道』ハイキングのお知らせ


 1359年、小郡市を舞台として繰り広げられた歴史上の大合戦「大保原合戦(大原合戦)」。
 約5キロ、2時間半の史跡めぐりで、中世の武将たちの足跡をたどってみませんか。コース最終地点では「将軍藤まつり」が開催されています。解説は史跡案内ボランティアが行います。

●日  時  4月28日(土)
       午前9時受付開始、午前9時30分出発~正午頃まで
      (少雨決行)
●集合場所  大原小学校校庭(西鉄大保駅から南へ徒歩5分)
●解散場所  大中臣神社
●行  程  善風塚跡(戦死した武将を埋葬したと伝えられる場所)
       -大原古戦場碑(東町公園内にある記念碑)
       -福童原古戦場跡(古戦場の陣跡と伝えられる場所)
       -大中臣神社将軍藤(征西将軍懐良親王がお手植えしたと伝えられる藤)
       ここで解散(西鉄端間駅まで徒歩8分)
●参加料・申込み 不要
※帽子・水筒・タオルなどを各自ご準備下さい。

●問い合わせ先 文化財課 ℡(0942)-75-7555

PDFダウンロード

01月 25

第5回『小郡ジュニア歴史博士』の表彰を行いました。

2018.01.25

 『小郡ジュニア歴史博士』は、市内在住の小学生・中学生に小郡市や周辺の歴史・民俗について研究してもらい、応募された作品の内容を審査し表彰するもので、子どもたちの歴史学習への関心と意欲を高め、郷土への愛着を深めることを目的として平成25年度から始まりました。
 去る2018年1月6日(土)、「小郡ジュニア歴史博士」の表彰を行いました。今年度も応募点数が多く、レベルの高い作品が多く寄せられました。5回目となる今回の作品募集には、市内8小学校から241点の応募がありました。この中から大賞1点、優秀賞3点、佳作6点、奨励賞15点が選ばれました(※入賞者一覧は添付データをご覧下さい)。また、入賞者から5名、調べた内容を発表してもらいました。
 「小郡ジュニア歴史博士」入賞者の皆様、この度は本当におめでとうございました。また、作品を出品していただいた小学生の皆さんも本当にありがとうございました。
 次回も、是非ご応募をお待ちしております!

PDFダウンロード

12月 11

小郡ふるさと歴史検定【小・中学生編】の解答の公表について

2017.12.11

小郡ふるさと歴史検定【小・中学生編】の解答を公表いたします。
ご参加ありがとうございました。

PDFダウンロード

12月 11

小郡ふるさと歴史検定【一般・オープン編】の解答の公表について

2017.12.11

小郡ふるさと歴史検定【一般・オープン編】の解答を公表いたします。
ご参加ありがとうございました。

PDFダウンロード

03月 22

『ふるさと小郡のあゆみ』のHP公開について

2017.03.22

 『ふるさと小郡のあゆみ』は、『小郡市史』の内容をもとに小郡の歴史や民俗などを、写真やイラストなどを豊富に使い、小・中学生にも分かりやすくまとめたものです。オールカラーで、市史より少し大きいB5サイズの230ページ。見やすいようにほとんどが見開き2ページで1項目となっています。各項目が『小郡市史』のどの部分に対応するか記載しています。より詳しい内容をお知りになりたい方は、『小郡市史』を併せてご覧ください。
 『ふるさと小郡のあゆみ』は、市立小学6年生に配付し、学校でも活用されています。また、平成28年から始まった「小郡ふるさと歴史検定」は、『ふるさと小郡のあゆみ』から出題されています。

販売価格 1,000円(税込)

■ 販売場所
 販売場所:小郡市埋蔵文化財調査センター
 郵送の場合は別途送料がかかります。

※在庫がなくなり次第販売は終了となります。予告等はありませんのでご了承ください。

■公開リンク
 下記リンク(外部サイト)より『ふるさと小郡のあゆみ』をご覧いただけます。

 http://www.city.ogori.fukuoka.jp/ogoriayumi/

 上記リンクは「小郡市ホームページ(ホーム > 観る・学ぶ・人権 > 文化財 > 『ふるさと小郡のあゆみ』のご案内)」からでもご覧いただけます。
 無断転載・コピー等を禁じます。

04月 01

寺福童遺跡から出土した銅戈が県文化財に指定されました

2016.04.01

 3月25日、寺福童遺跡から出土した銅戈と埋納遺構切取資料が県の文化財に指定されました。
 寺福童遺跡は、小郡市寺福童(小郡小学校から約600m南)に所在し、銅戈は平成16年(2004年)6月に発掘されました。
 写真は、銅戈が実際に現地で検出されたときのもので、長さ約40センチ、幅約13センチの青銅製の銅戈が並べられていました。これらは弥生時代中期後半から後期前半に一括埋納されたと考えられます。
 また、埋納の状況が詳しく分かる例は珍しいことから、遺構そのものも遺跡から切り出し、土が崩れないよう凝固剤で固めて保存しています。

県文化財の指定を記念して特別展示を開催します。

会期 5月31日(火)まで
会場 埋蔵文化財調査センター新館ロビー

PDFダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

古代体験館おごおり[小郡市埋蔵文化財調査センター] 〒838-0106 福岡県小郡市三沢 5147-3 電話0942-75-7555
※このサイトで公開されている画像、文章の無断転載を禁じます。資料や画像につきましては、小郡市埋蔵文化財調査センターまでお問い合わせください。
Copyright ©  Ogori City Archaeological Research Center