施設からのお知らせ

2017.01.24 市史刊行記念行事が行われました
去る2017年1月14日(土)、『小郡市史』補遺編・『ふるさと小郡のあゆみ』改訂版の刊行を記念し、市史刊行記念行事を執り行いました。 まず、「小郡ジュニア歴史博士」の表彰を行いました。今年度は応募校が多く、レベルの高い作品が多く寄せられました。入賞者から2名、調べた内容を発表してもらったのですが、大人顔負けの堂々とした発表でした。 次に、「小郡ふるさと歴史検定」の認定証・合格証の授与を行いました。検定で行ったアンケートには「また次回もチャレンジしたい!」というありがたいご感想をいただきました。 最後に、九州大学名誉教授・西谷正先生より「小郡の歴史を学び楽しむ」という講演会を行っていただきました。「それを見てどのように感じるかという事の前ではアマチュアも専門家も関係ない」「ジュニア歴史博士の中から本当の博士がでてほしい」というお話に、子ども達だけでなく大人達も熱心に耳を傾けていました。 「小郡ジュニア歴史博士」入賞者の皆様、「小郡ふるさと歴史検定」合格者の皆様、このたびは本当におめでとうございました。また、作品を出品していただいた小学生の皆様、歴史検定を受検された皆様、本当にありがとうございました。 次回実施する際も、是非ご応募をお待ちしております!
2016.12.19 小郡ふるさと歴史検定【小・中学生編】の解答の公表について
 12月11日の「ふるさと小郡歴史検定」の小・中学生編の解答は次の通りです。  「小郡ふるさと歴史検定」を受けていただきありがとうございました。皆様から頂いたご意見をもとに来年度からの本格実施の参考とさせていただきます。次回も皆様の参加をお待ちしております。
2016.12.19 小郡ふるさと歴史検定【一般編】の解答の公表について
12月11日の「ふるさと小郡歴史検定」の一般編の解答は次の通りです。  「小郡ふるさと歴史検定」を受けていただきありがとうございました。皆様から頂いたご意見をもとに来年度からの本格実施の参考とさせていただきます。次回も皆様の参加をお待ちしております。
2016.11.11 平成28年度特別展のお知らせ
平成28年度 小郡市埋蔵文化財調査センター 特別展『上岩田遺跡とその時代展~評から郡へ~』 小郡市には「小郡官衙遺跡」と「上岩田遺跡」のふたつの国指定史跡があります。いずれも、1300年近く前につくられた役所の跡です。上岩田遺跡は678年に筑紫国地震の被害を受けますが、その復興のため、御原郡を治める役所を小郡官衙遺跡の地に移します。 これらの遺跡は、奈良時代の地方統治の様子だけでなく、被災からの復興など、現代につながるテーマを有しています。大宰府や筑後国府、基肄城などの関連遺跡群とともに、皆さんに紹介します。・開催場所 小郡市埋蔵文化財調査センター 展示室(古代体験館おごおり)・開催期間 平成28年12月17日(土)~平成29年3月12日(日)9:00~16:30(毎月第3日曜日・月曜日は休館)
2016.06.16 東野小学校が見学に来ました!
2016/06/15(晴れ) 東野小学校6年生が見学に来てくれました。 東野小学校の6年生さんとは1ヶ月程前に勾玉つくりで既に顔を合わせていたので、センター駐車場へやってきた子たちがコソコソと「あ、やっぱりあの人だ」と顔を見合わせていました。覚えていてもらえて光栄です。 東野小学校は市内小学校のうちセンター見学に来るのが最後だったので、司会の職員が「皆さんが来るのをずーっと待っていました」と心を込めて言うと、先生を含め数名が照れたように笑っていました。 展示室では、本物の勾玉を見て「自分たちがつくった勾玉より細くてきれい」と(特に女の子たちが)驚いていたので、昔は勾玉や管玉つくりの職人がいたこと、そしてその玉作り職人の村が東野小校区の西島にあったことを伝えると、とても感心していました。 収蔵展示室では、表面がザラザラしている土器とツルツルしている土器の違いについて考えたり、民具の使い方を教えあったりしていました。 火起こしでは、時間が15分しかなかったこと、湿度が高かったことなどにより、あまり火がつかなかったようです。 時間があるときに、ぜひ火起こしリベンジに来て下さいね♪
2016.06.10 立石小学校が見学に来ました!
2016/06/09(くもり) 立石小学校6年生が見学に来てくれました。 今回も別の業務の関係で一緒にまわることができなかったため、林田所長に日記を書いていただきました!立石小見学日記 9日(木)立石小学校6年生が、センター見学に来てくれました。小雨が降っていたので、入館してすぐの事務室前で、開式を行いました。最初に、児童代表が「古代人の食べ物や暮らし、火起こし体験に興味関心があります。・・・よろしくお願いします。」と、はきはきと力強い挨拶をし、頼もしさを感じました。 展示室では、技師さんの話を聴きながら、熱心にメモをとったり、質問したりする様子がとても印象的でした。 収蔵庫では、たくさんの土器に圧倒されていました。「どうして、この石器から木の実を割っていたと分かるのですか。」と鋭い質問もあり、やっぱり直接土器に触れることで、このような疑問がわいてくるのかなと思いました。 火起こし体験では、少し湿気があってか、なかなか火が着きませんでした。汗だくになり、けむりが出てくると、「もう少し、もう少し」と声を掛け合い、火がつくと「わあっ!」と歓声があがりました。 古代人に思いをはせ、楽しい見学になったようです。夏休みの「ものづくり」講座参加、ジュニア歴史博士作品募集をよろしくお願いします。
2016.06.09 三国小学校が見学に来ました!
2016/06/03(晴れ) 三国小学校6年生(5・6組)がセンター見学に来てくれました。 三国小学校の6学年は6学級もあるので、3日間(金・火・水)に分かれて2学級ずつの来館となりました。 3日(金)に来館したのは5・6組でした。その日は真夏のように日差しの強い日で、エントランスでの開式および挨拶は、みんな眩しそうに目を細めながら聞いていました。 屋内に入った後は集中して展示物を見学しており、つこっコ(津古生掛古墳出土鶏形土製品)のお腹に穴が開いているという説明をメモしたり、収蔵展示の土笛を鳴らしてみたりと、とてもまじめに見学してくれました。 火起こし体験では、職場体験に来ていた立石中学校の生徒さんが指導を手伝ってくれたこともあり、あちらこちらで火を起こすことができていたようです。2016/06/07(曇り) 7日(火)は三国小学校6年生の1・2組がセンター見学に来てくれました。 薄雲が空一面を覆っており、みんな傘を準備していたようでしたが、幸い天気が崩れることはありませんでした。 展示室で三国小校区にたくさんの遺跡があることを知ると、「うちの裏も古墳だって言ってた!」と、身近にある遺跡を思い出して喜んでいました。 収蔵展示では「『たぬきの糸車』だ!」と目を輝かせ、展示してあった糸車や座繰りを「キーカラカラ キーカラカラ キークルクル キークルクル」と楽しそうに回していました。ちなみに管理人も小学校で『たぬきの糸車』を習っていたので、年が一回り以上離れていても同じものを勉強しているということが分かって嬉しかったです。 2016/06/08(曇り・晴れ) 8日(水)は三国小学校6年生(3・4組)がセンター見学に来てくれました。 エントランスで所長が挨拶した時に「小郡には何年前から人が住んでいたでしょうか」と問うと、「3000年前?」という返事があり、それに対し「実は25000年前からです!」と答えを言うと、みんな驚いた顔をしていました。 展示室で「三国小校区は小郡の中でも遺跡が密集している」と言うと、みんな三国小学校遺跡から出土した遺物を探したり、自分たちの住んでいる場所の近くにある遺跡を探したりしていました。 火起こし体験では、担任の先生も一緒になって必死に火を起こしていましたが、なかなか点けられなかったようです。 今回の見学では、火を点けることができずに悔しい思いをした子がたくさんいると思います。ぜひ夏休みになったら火起こしのリベンジに来て下さい! ものつくり講座でもお待ちしております♪
2016.06.03 のぞみが丘小学校が見学に来ました!
2016/06/01(曇り) のぞみが丘小学校6年生がセンター見学に来てくれました。 のぞみが丘小学校の6学年は4学級あるので、最初に3・4組が、その後で入れ替わるように1・2組が来館しました。 3・4組はエントランスで開式および挨拶を行った後、センター内の見学と火起こし体験を行いました。展示室ではつこっコのモデルとなった鶏形土製品を探してみたり、収蔵展示室では展示されていた土笛(※以前ものつくり講座で作ったもの)の音を出してみたりと、興味を持って見学してくれました。 1・2組は研修室で開式および挨拶を行い、見学と体験を行いました。このとき管理人は1組についてまわっていたのですが、驚いたことに1組の火起こし体験で一番早く火を点けられたのは女の子(しかも「友達と一緒に」ではなく、彼女1人での着火)でした。火起こし体験は「火を点けることの難しさを体験してもらう」というコンセプトなのですが、職員顔負けの火起こし技術でした。実に見事でした。感服です。 学区は異なりますが、のぞみが丘小学校とセンターは近いので、是非また遊びに来て下さい! ものつくり講座でもお待ちしております♪
2016.05.18 東野小学校へ出前講座に行ってきました!
2016/05/16(雨) 東野小学校へ出前講座に行ってきました。 東野小学校では6年生の総合学習で古代体験を行うそうです。東野小学校区の西島には西島遺跡があり、そこでは昔から玉作りが行われていたことが分かっているので、それに関連して勾玉つくりを行いました。 当日は残念ながら大雨と強い風、そして前日とはうって変わって肌寒い日となりましたが、ピロティーに集まり、所長からの挨拶、西島遺跡や勾玉についての説明、勾玉の作り方の説明を終え、4~5人の班に分かれて作り始めました。 滑石に勾玉の線を描き、荒い紙やすりでおおまかに削り、窪んだ部分も工夫して削り、側面の角を落とし……みんな真剣に、そして一生懸命つくってくれました。石を耐水ペーパーで磨いて石本来の模様が出てきた時など、「大理石模様だ!」「ちょっと緑っぽい!」と、それぞれ違う模様が出てきたことを喜んでくれました。 最後の挨拶では「勾玉つくりの大変さが分かった」「分かりやすく教えてもらえたので良かった」と感想を発表してもらい、私たちも嬉しかったです。 センター見学の時に、自分たちがつくった勾玉と、小郡市内から出土した勾玉を見比べてみて下さいね♪
2016.05.16 大原小学校が見学に来ました!
2016/05/11(くもり) 大原小学校6年生が見学に来てくれました。 今回は管理人が公務で別の行事に対応していたため、林田所長に日記を書いていただきました!大原小学校見学日記 雨上がりもあってか、地面が濡れているため、エントランスではなく体験学習室でオリエンテーションを行う。最初の挨拶で巻き尺を用いての「歴史を学ぶ意味の話」に、しっかりと耳を傾け聴くことができた。 その後、1組は展示室、収蔵展示室、火起こし体験。2組は火起こし体験、展示室、収蔵展示室の順に、ていねいで分かりやすい説明・見学。 子ども達は、しっかりメモをしたり、分からないところは質問したりと熱心だ。さらに石器や土器に触れながら、古代の様子をイメージ化し目を輝かせている。火起こし体験では、着火と同時に、「ワーッ」と大きな歓声が次々とあがる。事務室にいた女性達から、今日の子ども達は、反応がすばらしいねと・・・。 どのパートも時間が足りなく残念な面もあったが、ものつくり講座を紹介すると、是非参加したいとたくさんの子が言ってくれ、大変嬉しかった。身近な歴史を学ぶ「古代体験館おごおり」の役割は大きい。 みなさん、ものつくり講座にぜひ来て下さいね! お待ちしております♪
2016.05.06 御原小学校が見学に来ました!
2016/05/06(雨) 御原小学校6年生がセンター見学に来てくれました。 雨が降っていたためセンターロビーでのオリエンテーションとなりましたが、みんなどこか緊張したような様子でした。しかし、展示室・収蔵展示室とまわっているうちにどんどん打ち解けてきてくれて、色々な質問をしてくれました。 収蔵展示室では新しく設置された座繰り(繭から生糸を手繰る器械)や糸車に興味を示してくれたようで、壊れんばかりにグルグルと回してくれました。火起こしでは、雨が降っていたのでつけられるかどうか心配していましたが、無事に3グループ着火できており、あと少し時間があれば火が付いていたグループもありました。 天気が良くて時間もある日に、ぜひ火起こしのリベンジに来て下さいね♪
2016.05.02 味坂小学校が見学に来ました!
2016/05/02(晴れ)  味坂小学校6年生がセンター見学に来てくれました。 まずはセンター駐車場にて林田所長から歓迎の挨拶と、歴史を学ぶことの大切さについて説明がありました。その後、みんなで一緒に展示室から収蔵展示室、そして火起こし体験の順番でまわりました。火起こしでは、天気が良かったこともあり、多くの班で着火に成功していたようです。 4月16日(土)の地震では、展示室の鶏形土製品の鶏冠が欠けてしまったり、収蔵展示室の大きな甕棺が倒れて崩れてしまったりと、当センターでも被害が出てしてしまいました。収蔵展示室を見学する際、地震当日の被害写真を見てもらったところ、みんな衝撃を受けて言葉を失っていました。心配してくれてどうもありがとうございました。 震災に負けず、壊れた甕棺の場所にも新しい物を展示していくので、また見に来て下さいね♪
2016.04.12 小郡小学校が見学に来ました!
2016/04/12(晴れ) 小郡小学校6年生がセンター見学に来てくれました。 4月からセンター長に着任した林田所長がセンターへ到着した皆さんを歓迎し、ものさしを使って、歴史の積み重ねによって今があること、歴史を学ぶことの大切さなどを説明しました。 その後、各クラスに分かれ、展示室見学・収蔵展示見学・火起こし体験を行いました。展示室では自分の住んでいる地域に遺跡があることを知って驚き、収蔵展示見学では本物の土器に触れて興奮し、火起こし体験では火を付けることの大変さを学びつつ盛り上がりました。 非常に挨拶や返事の声が大きく、そして礼儀正しく、説明時には興味を持って質問してくれたので、案内していてとても気持ちよかったです。 ぜひまた来て下さいね♪
2016.04.01 寺福童遺跡から出土した銅戈が県文化財に指定されました
 3月25日、寺福童遺跡から出土した銅戈と埋納遺構切取資料が県の文化財に指定されました。 寺福童遺跡は、小郡市寺福童(小郡小学校から約600m南)に所在し、銅戈は平成16年(2004年)6月に発掘されました。 写真は、銅戈が実際に現地で検出されたときのもので、長さ約40センチ、幅約13センチの青銅製の銅戈が並べられていました。これらは弥生時代中期後半から後期前半に一括埋納されたと考えられます。 また、埋納の状況が詳しく分かる例は珍しいことから、遺構そのものも遺跡から切り出し、土が崩れないよう凝固剤で固めて保存しています。県文化財の指定を記念して特別展示を開催します。会期 5月31日(火)まで会場 埋蔵文化財調査センター新館ロビー
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
古代体験館おごおり[小郡市埋蔵文化財調査センター] 〒838-0106 福岡県小郡市三沢 5147-3 電話0942-75-7555
※このサイトで公開されている画像、文章の無断転載を禁じます。資料や画像につきましては、小郡市埋蔵文化財調査センターまでお問い合わせください。
Copyright ©  Ogori City Archaeological Research Center