施設からのお知らせ

2018.07.01 「大保原合戦」記念講演会
平成30年度小郡市歴史講座「大保原合戦」記念講演会開催のお知らせ 九州南北朝最大の合戦「大保原合戦(大原合戦)」をテーマに、当時の九州における南朝方・北朝方勢力の動向についてお話しいただきます日時:8月6日(月)13:30~15:00場所:小郡市埋蔵文化財調査センター 研修室講師:水原道範さん(久留米市役所 文化財保護課)タイトル:「筑後の南北朝時代~大保原の合戦を中心に~」参加費無料・定員80名申込み方法:住所・氏名・電話番号を明記の上、ハガキかFAXにてお申込みください。当日申込可問い合わせ:小郡市埋蔵文化財調査センター(Tel.75―7555)※駐車場に限りがございますので、公共交通機関を利用してお越しください7月27(金)~8月10日(金)の期間中は「大原合戦図屏風」と「大保原合戦パネル」を展示します
2018.07.01 平成30年度「考古学講座」開催のお知らせ
平成30年度考古学講座開催のお知らせ講師を招いて、考古学講座を開催いたします。今年度は「筑後川流域の考古学Ⅳ」と題して、筑後川中流・下流域を中心としたテーマで話をしていただきます。ぜひご参加ください。1.7月21日(土)13:30~15:00演題「筑後川右岸地域の弥生時代-小郡市と筑前町の比較から-」講師:一木賢人さん(小郡市教育委員会文化財課)2.8月25日(土)13:30~15:00演題:「佐賀平野の弥生文化-嘉瀬川周辺の事例を中心に-」講師:本村浩二さん(小城市教育委員会文化課)3.9月15日(土)13:30~15:00演題:「柳川市内の弥生時代遺跡」講師:橋本清美さん(柳川市教育委員会生涯学習課)会  場:小郡市埋蔵文化財調査センター 研修室受 講 料:無料申込方法:希望講座名・氏名・連絡先を明記の上、葉書またはFAXでお申込みください(※こちらからの返信はありません)。電話での申込、当日参加も可です。お問合せ:小郡市埋蔵文化財調査センター(古代体験館おごおり)     〒838-0106 小郡市三沢5147-3     電話:0942-75-7555 FAX:0942-75-2777
2018.07.01 歴史探検バスツアー開催!目指せ「小郡ジュニア歴史博士」!
めざそう!「小郡ジュニア歴史博士」歴史探検バスツアー開催☆日時  7月26日(木) 午前9時~正午     ※受付は8時40分から☆集合・解散 小郡市埋蔵文化財調査センター☆ツアー内容 バスで市内の鎌倉時代・室町時代の城跡をめぐります☆対象 小学生・中学生☆参加費 無料☆定員 25人程度(先着順) 大人の方も参加できますが児童を優先します。☆申込方法 電話またはFAX2 関連企画展『ぼくたち・わたしたちのふるさと小郡の歴史』☆場所 小郡市埋蔵文化財調査センター展示室☆期間 7月21日(土)~8月28日(火)8月19日(日)・20日(月)は休館日
2018.07.01 「小郡ふるさと歴史検定」のお知らせ
「小郡ふるさと歴史検定」(前期)に挑戦しよう!☆日時 8月24日(金) 午前10時~午前11時20分    ※受付は9時30分から☆場所 小郡市埋蔵文化財調査センター研修室☆問題 【小・中学生編】(三択式50問)    【一般編】(記入式50問、一部三択式)    ※『ふるさと小郡のあゆみ』改訂版から出題していて     検定当日は本を持ち込んで見ながら解答できます。☆参加費 無料     ※参加者全員に参加賞をプレゼント!☆定員 【小・中学生編】【一般・オープン編】     合計して80名(先着順)☆申込方法 電話またはFAX ※申込書・チラシは、埋蔵文化財調査センターや各校区公民館に設置するほか埋文センターホームページからも入手できます。☆合格  8割以上正解で合格となり、特典があります。
2018.07.01 古代体験!ものつくり講座2018
夏休み!みんなで楽しもう古代体験「ものつくり講座」開催(要事前申込)第1回 7月23日(月) 粘土で土器、ミニつこっコつくり(40名まで)第2回 7月28日(土) 石で石包丁つくり(40名まで)第3回 8月2日(木) 滑石で勾玉つくり(60名まで)第4回 8月7日(火) 型をつかって上岩田式瓦つくり(30名まで)第5回 8月23日(木) 土器・ミニつこっコを焼く泥窯焼き第6回 8月27日(月) 滑石をつかって印鑑つくり(60名まで)第7回 12月8日(土) 粘土で須恵器つくり(50名まで)第8回 2019年1月25日~27日 登り窯で須恵器を焼く 窯焚き場 所 小郡市埋蔵文化財調査センター(古代体験館おごおり)時 間 10:00~12:00参加費 100円(材料代として)第5回、8回は無料です。定 員 各回定員がありますので、事前の申込みをお願いします。定員に達し次第、受付を終了します。未就学児は保護者同伴でお願いします。申込方法 電話またはFAX参加希望の回と住所・氏名・電話番号を明記して下さい。電話:0942-75-7555FAX:0942-75-2777
2018.01.25 第5回『小郡ジュニア歴史博士』の表彰を行いました。
 『小郡ジュニア歴史博士』は、市内在住の小学生・中学生に小郡市や周辺の歴史・民俗について研究してもらい、応募された作品の内容を審査し表彰するもので、子どもたちの歴史学習への関心と意欲を高め、郷土への愛着を深めることを目的として平成25年度から始まりました。 去る2018年1月6日(土)、「小郡ジュニア歴史博士」の表彰を行いました。今年度も応募点数が多く、レベルの高い作品が多く寄せられました。5回目となる今回の作品募集には、市内8小学校から241点の応募がありました。この中から大賞1点、優秀賞3点、佳作6点、奨励賞15点が選ばれました(※入賞者一覧は添付データをご覧下さい)。また、入賞者から5名、調べた内容を発表してもらいました。 「小郡ジュニア歴史博士」入賞者の皆様、この度は本当におめでとうございました。また、作品を出品していただいた小学生の皆さんも本当にありがとうございました。 次回も、是非ご応募をお待ちしております!
2017.12.11 小郡ふるさと歴史検定【小・中学生編】の解答の公表について
小郡ふるさと歴史検定【小・中学生編】の解答を公表いたします。ご参加ありがとうございました。
2017.12.11 小郡ふるさと歴史検定【一般・オープン編】の解答の公表について
小郡ふるさと歴史検定【一般・オープン編】の解答を公表いたします。ご参加ありがとうございました。
2017.03.22 『ふるさと小郡のあゆみ』のHP公開について
 『ふるさと小郡のあゆみ』は、『小郡市史』の内容をもとに小郡の歴史や民俗などを、写真やイラストなどを豊富に使い、小・中学生にも分かりやすくまとめたものです。オールカラーで、市史より少し大きいB5サイズの230ページ。見やすいようにほとんどが見開き2ページで1項目となっています。各項目が『小郡市史』のどの部分に対応するか記載しています。より詳しい内容をお知りになりたい方は、『小郡市史』を併せてご覧ください。 『ふるさと小郡のあゆみ』は、市立小学6年生に配付し、学校でも活用されています。また、平成28年から始まった「小郡ふるさと歴史検定」は、『ふるさと小郡のあゆみ』から出題されています。販売価格 1,000円(税込)■ 販売場所 販売場所:小郡市埋蔵文化財調査センター 郵送の場合は別途送料がかかります。※在庫がなくなり次第販売は終了となります。予告等はありませんのでご了承ください。■公開リンク 下記リンク(外部サイト)より『ふるさと小郡のあゆみ』をご覧いただけます。 http://www.city.ogori.fukuoka.jp/ogoriayumi/ 上記リンクは「小郡市ホームページ(ホーム > 観る・学ぶ・人権 > 文化財 > 『ふるさと小郡のあゆみ』のご案内)」からでもご覧いただけます。 無断転載・コピー等を禁じます。
2016.04.01 寺福童遺跡から出土した銅戈が県文化財に指定されました
 3月25日、寺福童遺跡から出土した銅戈と埋納遺構切取資料が県の文化財に指定されました。 寺福童遺跡は、小郡市寺福童(小郡小学校から約600m南)に所在し、銅戈は平成16年(2004年)6月に発掘されました。 写真は、銅戈が実際に現地で検出されたときのもので、長さ約40センチ、幅約13センチの青銅製の銅戈が並べられていました。これらは弥生時代中期後半から後期前半に一括埋納されたと考えられます。 また、埋納の状況が詳しく分かる例は珍しいことから、遺構そのものも遺跡から切り出し、土が崩れないよう凝固剤で固めて保存しています。県文化財の指定を記念して特別展示を開催します。会期 5月31日(火)まで会場 埋蔵文化財調査センター新館ロビー
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2018年08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
古代体験館おごおり[小郡市埋蔵文化財調査センター] 〒838-0106 福岡県小郡市三沢 5147-3 電話0942-75-7555
※このサイトで公開されている画像、文章の無断転載を禁じます。資料や画像につきましては、小郡市埋蔵文化財調査センターまでお問い合わせください。
Copyright ©  Ogori City Archaeological Research Center